コンテンツ産業と法制度

  • 講義概要
  • 一般社団法人日本音楽著作権協会 理事長より
  • 推奨環境
  • JASRAC
  • JASRAC寄附講座
  • 横浜国立大学成長戦略研究センター
  • (2016年度)コンテンツ産業と法制度
  • (2015年度)コンテンツ産業と法制度
  • (2014年度)コンテンツ産業と法制度
  • (2011-2013年度)コンテンツビジネスと法
  • オリエンテーション   川瀬真 横浜国立大学成長戦略研究センター 客員教授
  • わが国の著作権制度の概要   川瀬真 横浜国立大学成長戦略研究センター 客員教授
  • わが国のコンテンツ産業の現状と課題   岸本織江 内閣府 知的財産戦略推進事務局 参事官
  • 音楽産業の現状と課題   妹尾 智 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役コーポレイトEVP
  • 放送産業の現状と課題   砂川浩慶 立教大学社会学部メディア社会学科教授
  • ゲーム産業の現状と課題  佐々木通博 (株)スクエア・エニックス執行役員 経営企画部長
  • 映画産業の現状と課題   小野田光 東宝(株) 映像本部映画調整部契約管理室 室長
  • タレント・マネージメントの現状と課題   中井秀範 日本音楽事業者協会専務理事(元吉本興業執行役員)
  • 出版産業の現状と課題   田中敏隆 小学館 マーケティング局 ゼネラルマネージャー
  • 音楽の集中管理の現状と課題   北田暢也 一般社団法人日本音楽著作権協会 常務理事
  • キャラクター産業の現状と課題   陸川和男 (株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長
  • コンテンツビジネスと国際契約・交渉   小林利明 弁護士
  • 音楽産業の再成長戦略:ミュージックツーリズムの実践   八木良太 尚美学園大学芸術情報学部音楽応用学科 准教授
  • 伝統芸能の現状と課題   齊藤裕嗣 国立文化財機構東京文化財研究所客員研究員 (元文化庁文化財部主任文化財調査官)
  • 最近の著作権制度の課題について   田渕エルガ 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 准教授

オリエンテーション

川瀬真 横横浜国立大学成長戦略研究センター 客員教授

担当教官の紹介、寄附講座の設置目的・特徴及び今後の講義日程等について説明をする。その後、デジタル化・ネットワーク化が進展する中で、コンテンツの流通にどのような変化が生じているのか、そのことによってコンテンツ産業がどのような状況に置かれているのか、またこのような状況の中で著作権制度は今後どうあるべきかなどについて解説する。

わが国の著作権制度の概要

川瀬真 横浜国立大学成長戦略研究センター 客員教授

次週から登壇されるゲスト講師の講義を聞くにあたって、講義の内容を正しく理解するためには、著作権制度の基礎的な内容について知っておくことが重要であることから、著作権法における著作物、著作者、著作者の権利、著作物の利用、著作隣接権制度等に関する取扱いについて説明する。

わが国のコンテンツ産業の現状と課題

岸本織江 内閣府 知的財産戦略推進事務局 参事官)

政府の知的財産戦略推進事務局参事官という立場からわが国のコンテンツ産業について解説があった。まず、わが国の知的財産戦略体制や知的財産戦略本部の役割について説明後、コンテンツ産業の全体像及び各分野の現状について統計データを用いた解説があった。次に、知的財産推進計画2017に沿って、コンテンツ分野における課題及び対応策について説明があった。

音楽産業の現状と課題

妹尾 智 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役コーポレイトEVP(ライブビジネスグループ、ネット&メディアビジネスグループ統括)

レコード会社の役員として音楽産業について解説があった。まず、音楽産業の歴史について、過去から現在までのメデイアの変遷とともに説明があった後、デジタル化、ネットワーク化の音楽産業に与える影響について、特に原盤ビジネスの変化やライブ・コンサートの拡大等について言及しつつ説明があった。最後に、ヒットの概念の変化やハイレゾ等の技術革新等についても説明があった。

放送産業の現状と課題

砂川浩慶 立教大学社会学部メディア社会学科 教授

放送産業に係る実務経験者及び研究者という立場から、放送産業について解説があった。まず、放送産業の特徴や現状について、他のメデイアとの比較もしながら説明があった。次に、インターネットによる放送に関する現状と課題について、何故インターネットによる放送が求められているのか、NHKと民放の立場の違い、放送番組をインターネットで流す場合の著作権等の法的問題等について説明があった。

ゲーム産業の現状と課題

佐々木通博 (株)スクエア・エニックス 執行役員 経営企画部長

ゲーム会社の役員という立場から、ゲーム産業について解説があった。まず、スクウェア・エニックスの会社概要について説明があった後、オンライン化、デジタル化等の環境の変化とそれがゲーム業界に与える影響について説明があった。また、この変化に伴い、ゲーム会社が個人情報保護法等の消費者関連法制の適用対象となったことについても説明があった。最後に、このような変化に対応するため、多様な顧客ニーズへの対応、グローバルな事業展開等が必要となることについて説明があった。

映画産業の現状と課題

小野田光 東宝(株)映像本部映画調整部契約管理室 室長

映画会社の立場でわが国の映画産業について解説があった。まず、映画業界の現状について2016年度の資料をもとに解説があった。次に、映画については、映画の著作権のみならず、原作・脚本・音楽等の様々な権利が係わってくることの説明があった後、わが国の特徴である製作委員会による映画製作について、「君の名は。」製作委員会等を例として、どのような観点から構成員を集めているか、また収益構造がどのようになっているかについて事例に基づき説明があった。

タレント・マネージメントの現状と課題

中井秀範 日本音楽事業者協会専務理事(元吉本興業 執行役員)

芸能プロダクションの団体である日本音楽事業者協会の役員及び元吉本興業役員という立場からタレント・マネージメントについて解説があった。まず、吉本興業の歴史について説明された後、わが国における芸能プロダクションの役割について米国の芸能システム等とも比較しながら説明された。また、芸能界における急速に変化しつつある外部環境について説明され、これに対応するための方策について吉本興業の例を踏まえつつ説明された。

出版産業の現状と課題

田中敏隆 小学館 マーケティング局 ゼネラルマネージャー

出版者としての立場でデジタル時代の出版ビジネスのあり方について現状と課題の解説があった。最初に今出版業界が直面しているデジタル化の波は出版産業が出現して以来500年ぶりの産業構造の変化であるとした上で、各種の統計データをもとに書籍・雑誌とも販売部数・売上が減少していること、デジタル出版は、漫画の分野を除いてその落ち込みをまだカバーしていないことの説明があった。しかし、デジタル化の波に直面しつつも対応しつつある音楽業界を例にとり、出版者が情報発信者としての地位を回復するための方策についての考えを説明された。

音楽の集中管理の現状と課題

北田暢也 一般社団法人日本音楽著作権協会
常務理事

著作権の集中管理業務を行っている日本音楽著作権協会(JASRAC)の役員として、音楽の集中管理について解説があった。まず、同協会の概要・歴史、著作権の集中管理業務を規制している著作権等管理事業法について説明があった。次に管理の具体例としてカラオケやインターネットに関する管理の現状や、徴収した使用料の分配について説明があった。最後に最近訴訟になっている音楽教室等における著作権問題について論点の説明があった。

キャラクター産業の現状と課題

陸川和男 (株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長

キャラクター・ビジネスに係る調査事業等を行っている会社の代表という立場で、キャラクター・ライセンス・ビジネスについて解説があった。まず、キャラクター・ビジネス・ライセンス事業とは何かについて、その対象、市場構造等について、各種の資料を基に説明があった。その後、キャラクター市場の現状について説明があり、性別及び年齢の違い等により好まれるキャラクターや売り上げが異なることが解説された。

-->

コンテンツビジネスと国際契約・交渉

小林利明 弁護士

音楽産業の再成長戦略:ミュージックツーリズムの実践

尚美学園大学芸術情報学部音楽応用学科 准教授 八木良太

伝統芸能の現状と課題

齊藤裕嗣 国立文化財機構東京文化財研究所客員研究員 (元文化庁文化財部主任文化財調査官)

最近の著作権制度の課題について

田渕エルガ 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 准教授

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の寄附講座の一環として、経済学部に「コンテンツ産業と法制度」を開講しています。知的財産立国を目指すわが国にとってコンテンツ産業の健全な発展は重要な政策課題でありますが、デジタル・ネットワーク社会の拡大に伴い、産業構造の変革、法制度の見直し等様々な課題を抱えています。

本講座では、音楽産業を初めとした幅広いコンテンツ産業の現状と課題について、ビジネスの最前線でご活躍されている講師をお招きして講義を行っていただくとともに、政策立案、法律実務、経営学等の実際のビジネスとは異なる視点から講義をしていただく講師もお招きし、幅広い視点からコンテンツ産業を論じていただくことにしております。充実した講師陣であると自負しておりますので、ぜひ受講してみてください。

2017年度 一般社団法人日本音楽著作権協会寄附講座
「コンテンツ産業と法制度」
担当:横浜国立大学成長戦略研究センター 客員教授 川瀬真
時限:火曜日4限(14:40〜16:10)
場所:経済学部講義棟2号館1F 111教室


一般社団法人
日本音楽著作権協会
理事長

浅石道夫

『コンテンツ産業と法制度』の開設にあたって

JASRACではこれまで、著作権制度を担う次世代の人材を育成するため、法科大学院や大学の法学部を中心に寄附講座を開設してきました。しかし、デジタル化・ネットワーク化により、コンテンツ流通のあり方や著作物の利用の方法が大きく変化し、今や、著作権の知識は法律の専門家だけのものではなく、コンテンツビジネスに携わる全ての人、またコンテンツを楽しむ多くの人にとって必要なものになってきています。

そこで、この度、『コンテンツ産業と法制度』をテーマとして、横浜国立大学経済学部に寄附講座を開設することになりました。音楽に限らず、映画、放送、出版など、さまざまなコンテンツ産業に携わる方々から、各産業の現状と課題について話を聴くことのできる貴重な機会として、また、法制度や契約スキームの面から、文化が持続的に発展していくための仕組みを考える場として、皆さんの将来に役立つことを期待しています。

一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)について

音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、もって音楽文化の普及発展に寄与することを目的として、昭和14(1939)年に設立。作詞者・作曲者・音楽出版者など権利者から著作権の信託を受け、音楽の利用者に利用許諾を出すとともに、利用者からお支払いいただいた著作物使用料を権利者に分配しています。

当サイトは下記ブラウザにて表示確認・動作検証を実施しております。
下記の環境以外でご利用いただいた場合、正常に動作しないなどの現象が生じる可能性がありますので、ご了承ください。

  • ・ Internet Explorer 8以降
  • ・ Firefox 最新バージョン
  • ・ Chrome 最新バージョン
  • ・ Safari 最新バージョン
次へ
前へ
コンテンツ産業と法制度