コンテンツ産業と法制度

  • 講義概要
  • 一般社団法人日本音楽著作権協会 理事長より
  • 推奨環境
  • 横浜国立大学 経済学部
  • JASRAC
  • (2011-2013年度)コンテンツビジネスと法
  • オリエンテーション   川瀬真 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 教授
  • わが国の著作権制度の概要   川瀬真 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 教授
  • わが国のコンテンツ産業の現状と課題   田口重憲 内閣官房知的財産戦略推進事務局 内閣参事官
  • 音楽産業の現状と課題   妹尾智 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレイト・エグゼクティブCOO
  • クリエーターの育成と音楽産業   野村達矢 (株)ヒップランドミュージックコーポレーション 常務取締役執行役員 兼 制作本部 本部長
  • アニメソングの現状と課題   井上俊次 (株)ランティス 代表取締役社長
  • 映画産業の現状と課題   小野田光 東宝(株) 映像本部映画調整部契約管理室 室長
  • 放送番組の制作と二次利用   上原伸一 国士舘大学大学院総合知的財産法学研究科 客員教授
  • 出版産業の現状と課題   片寄聰 小学館 常務取締役
  • キャラクター産業の現状と課題   陸川和男 (株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長
  • 音楽の集中管理の現状と課題   大橋健三 一般社団法人日本音楽著作権協会 常務理事
  • 契約システムにおける海外とわが国の違い   福井健策 弁護士
  • 私的領域における著作物の利用と権利保護   松田政行 弁護士
  • ネット上の著作権等犯罪の現状と課題   塚島久芳 神奈川県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課 巡査部長
  • 最近の著作権制度の課題と法改正の状況   森孝之 文化庁長官官房著作権課長

オリエンテーション

川瀬真 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 教授

担当教官の自己紹介、寄附講座の設置目的・特徴及び今後の講義日程等について説明をする。その後、デジタル化・ネットワーク化が進展する中で、コンテンツの流通にどのような変化が生じているのか、そのことによってコンテンツ産業がどのような状況に置かれているのか、またこのような状況の中で著作権制度は今後どうあるべきかなどについて解説した。

わが国の著作権制度の概要

川瀬真 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 教授

次週から登壇されるゲスト講師の講義を聞くにあたって、講義の内容を正しく理解するためには、著作権制度の基礎的な内容について知っておくことが重要であることから、著作権法における著作物、著作者、著作者の権利、著作物の利用、著作隣接権制度等に関する取扱いについて説明した。

わが国のコンテンツ産業の現状と課題

田口重憲 内閣官房知的財産戦略推進事務局 内閣参事官

「知的財産立国」を目指す政府の中核的機関である「知的財産戦略本部」の事務局である内閣官房知的財産戦略推進事務局の担当参事官という立場から、知財・コンテンツ産業の推進体制、わが国のコンテンツ産業の現状(個別産業の状況を含む)について説明があった後、現在大きな課題となっているコンテンツの海外展開の現状や課題について解説があった。最後に、政府におけるコンテンツ産業振興の支援体制について説明があった。

音楽産業の現状と課題

妹尾智 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレイト・エグゼクティブCOO

レコードの制作とその利活用だけでなく、アニメ制作やライブ事業なども行う総合エンターティンメント企業の役員としての立場から、音楽産業について、技術革新の歴史、海外市場の現状なども含めて、多くの統計資料などを示しながら、その全体像について詳細な説明があったほか、現在抱えている音楽産業の課題や新技術を活用した未来の展望などについて解説があった。

クリエーターの育成と音楽産業

野村達矢 (株)ヒップランドミュージックコーポレーション 常務取締役執行役員 兼 制作本部 本部長

多くのアーティストの育成や事業展開を行っているプロダクションの役員という立場から、プロダクション業務の役割やコンサート事業の現状などについて詳細な説明が行われた後、パッケージ販売や有料配信サービスとコンサート事業の違いやコンサート事業の今後の発展の見通しなどについて解説があった。

アニメソングの現状と課題

井上俊次 (株)ランティス 代表取締役社長

アニメソングの制作、アニソン歌手の育成などアニメソングにかかわる事業展開を行っている会社の代表という立場から、音楽市場の全体像を説明した上で、その中におけるアニメソングが果たす役割などについての解説があった。その後、ランティスがプロモートしているアニソン作品を例に取り上げ、具体的な事業展開とその戦略について説明があった。

映画産業の現状と課題

小野田光 東宝(株) 映像本部映画調整部契約管理室 室長

映画の製作、配給会社の立場から、映画業界の現状について説明があった後、映画には監督、脚本家、原作者、音楽家、俳優など様々な権利者が係わっており、これらの権利者との契約を円滑に行うことによって、映画の多様な利用が実現できることについて解説があった。また、映画館の入場者が支払った入場料が関係者にどのように配分されるかについて一般的な例を示しながら説明があった。

放送番組の制作と二次利用の現状と課題

上原伸一 国士舘大学大学院総合知的財産法学研究科 客員教授

過去放送局で著作権・著作隣接権に係わる業務を行っていた立場から、放送番組に係わる権利関係についての説明があった後、初回放送後の放送利用及び放送外利用の具体的な形態についての解説があった。その上で、放送のために製作された放送番組の放送外利用に対する放送局の方向性や契約上の問題点などについて説明があった。

出版産業の現状と課題

片寄聰 小学館 常務取締役

<

出版社の役員という立場から、出版産業の全体的な現状、出版物の中でもコミックに焦点を当てた状況などについて説明があった後、これから普及するといわれている電子出版について、価格設定、違法流通、他のコンテンツやスマホの使用時間との競争など様々な論点について解説があった。

キャラクター産業の現状と課題

陸川和男 (株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長

キャラクターに係る調査、ビジネスサポート事業などを行っている事業者の代表という立場から、キャラクターライセンスのビジネス構造、2013年の商品市場における現状などについて詳細な説明があった後、最近におけるキャラクタービジネスの新しい動きについて具体例を紹介しながら解説があった。

音楽の集中管理の現状と課題

大橋健三 一般社団法人日本音楽著作権協会 常務理事

音楽の著作権に係る集中管理を実施している著作権等管理事業者の立場から、集中管理の意義、集中管理事業を規制している著作権等管理事業法などについて説明があった後、日本音楽著作権協会(JASRAC)の現状について解説があった。その中で、現在法的な紛争になっている放送に音楽を利用する場合の許諾の仕組やその問題点などについて詳しい説明があった。

契約システムにおける海外とわが国の違い

福井健策 弁護士

コンテンツビジネスにかかわる国内・国外の様々な契約に携わってこられた弁護士という立場から、コンテンツ契約をいくつかに分類したうえで、その内容と特徴を説明があった後、契約とは何かについて、日本人の契約に取組む姿勢や判例等も紹介しながら解説があった。さらに、契約の基礎知識や個別の条項についての説明もあった。

私的領域及びその周辺領域における著作物の利用と権利保護について

松田政行 弁護士

永年文化審議会著作権分科会委員として著作権政策の企画立案に参画されてきた立場から、私的領域とその周辺領域における著作物の利用と権利保護について、社会の進展とともに制度の改正が頻繁に行われた著作権法第30条(私的使用のための複製)を中心に詳しく説明された。また、「ときめきメモリアル事件」最高裁判決の紹介とともに、私的領域で行われる著作物の改変の問題についても解説があった。

ネット上の著作権等犯罪の現状と課題

塚島久芳 神奈川県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課 巡査部長

神奈川県警察本部サイバー犯罪対策課の現職刑事という立場から、ネット上におけるサイバー犯罪の状況について説明があった後、神奈川県警の摘発事例等を参考に、ファイル共有ソフトやネットオークションを利用した違法行為の特徴や捜査上の課題について解説があった。さらに犯罪防止のため官民協力や法令順守などについて説明があった。

最近の著作権制度の課題と法改正の状況について

森孝之 文化庁長官官房著作権課長

著作権行政を担当しておられる立場から、電子出版の時代を迎えて出版者の権利保護を目的として行われた2014年の著作権法改正(出版権の整備)について説明があった後、文化審議会著作権分科会で検討が行われている「クラウドサービス等と著作権及びクリエーターへの適切な還元について」、「著作物等のアーカイブ化の促進について」などの4項目について解説があった。

本年度から一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の寄附講座として、経済学部に「コンテンツ産業と法制度」を開講することになりました。知的財産立国を目指すわが国にとってコンテンツ産業の健全な発展は重要な政策課題でありますが、デジタル・ネットワーク社会の拡大に伴い、産業構造の変革、法制度の見直し等様々な課題を抱えています。

本講座では、音楽産業を初めとした幅広いコンテンツ産業の現状と課題について、ビジネスの最前線でご活躍されている講師をお招きして講義を行っていただくとともに、政策立案、法律実務、犯罪捜査等のビジネスとは異なる視点から講義をしていただく講師もお招きし、幅広い視点からコンテンツ産業を論じていただくことにしております。充実した講師陣であると自負しておりますので、ぜひ受講してみてください。

2014年度 横浜国立大学 経済学部 一般社団法人日本音楽著作権協会寄附講座
「コンテンツ産業と法制度」
担当:大学院大学院国際社会科学研究院 川瀬 真教授
時限:火曜日4限(14:40〜16:10)
場所:経済学部講義棟1号館1F 101教室


一般社団法人
日本音楽著作権協会
理事長

菅原瑞夫

『コンテンツ産業と法制度』の開設にあたって

JASRACではこれまで、著作権制度を担う次世代の人材を育成するため、法科大学院や大学の法学部を中心に寄附講座を開設してきました。しかし、デジタル化・ネットワーク化により、コンテンツ流通のあり方や著作物の利用の方法が大きく変化し、今や、著作権の知識は法律の専門家だけのものではなく、コンテンツビジネスに携わる全ての人、またコンテンツを楽しむ多くの人にとって必要なものになってきています。

そこで、この度、『コンテンツ産業と法制度』をテーマとして、横浜国立大学経済学部に寄附講座を開設することになりました。音楽に限らず、映画、放送、出版など、さまざまなコンテンツ産業に携わる方々から、各産業の現状と課題について話を聴くことのできる貴重な機会として、また、法制度や契約スキームの面から、文化が持続的に発展していくための仕組みを考える場として、皆さんの将来に役立つことを期待しています。

一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)について

音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、もって音楽文化の普及発展に寄与することを目的として、昭和14(1939)年に設立。作詞者・作曲者・音楽出版者など権利者から著作権の信託を受け、音楽の利用者に利用許諾を出すとともに、利用者からお支払いいただいた著作物使用料を権利者に分配しています。

当サイトは下記ブラウザにて表示確認・動作検証を実施しております。
下記の環境以外でご利用いただいた場合、正常に動作しないなどの現象が生じる可能性がありますので、ご了承ください。

  • ・ Internet Explorer 8以降
  • ・ Firefox 最新バージョン
  • ・ Chrome 最新バージョン
  • ・ Safari 最新バージョン
次へ
前へ
コンテンツ産業と法制度